上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イエローです。
先日鈴鹿のレースで肋骨折って暫くおとなしくしてました。

一週間ちょっと、今の生活になれ傷口もふさがり、痛いとこの庇い方も分かり、潜る事への手応えを感じていました。

ホームグランドに、火曜日の夕方、明日海況が凪に近くて私にかかりきりになるけど受け入れてくれる?
と、連絡入れたら良いけど、もう一度天気予報を確認してと言うことで連絡をもらったらOKでした。

水曜日、集合時間も聞かなかったのでいつも通りに行くとこの日は、ショップのビーチのツアーだけだったので、ボートはガイドさんとマンツーマン。
久々のダイビングで、凄く緊張。
ボートにカメラ積むの忘れました。
左のフィンだけがどうしても履けないので助けてもらいました。

1本目は、根のトップが3m、平均10mのリハビリポイント。
ここは、現在ダイビングポイントとしては使われて無いとこらしいです。
エントリーも問題なくできましたが、ちょっと呼吸が速い様な気がしましたが、水面換算したら良い方です。
ここの魚たちは、人慣れしてないせいか、カメラを持って殺気を放ってないせいかのんびりしています。
コロダイは手の届くとこでホンソメワケベラにクリーニングしてもらってるし、アジアコショウダイ(yg)は、のんびりゆらゆらしてるし、カメラ持ってないのを後悔してました。
2本目のために、ダテハゼに躙り寄る練習も、で余裕を持ってエグジット。

2本目は、ホタテハゼかヤシャハゼ狙いで、どちらする・・・砂地にへばりつくので体の負担がないかな?と言うことで。
ミジンベニハゼがヤシャハゼの近くで見れるかもの情報で、ヤシャハゼに決定。
結局ミジンベニハゼは、巣が壊されていて引っ越ししたようです。
後で知ったのですが、ホタテハゼの巣も壊されていたようです。
狙いは、ヤシャハゼ、尾びれが綺麗なヤノダテハゼ。
枚数は撮りましたが、ヤシャハゼ、尾びれが見れなかったヤノダテハゼ、ヒレナガネジリンボウ、オレンジの斑点が綺麗なオトメハゼ、ハチマキダテハゼ、ダテハゼのハゼ三昧してきました。


画像 046 ← クリックすると大きくなります

↓寄って寄って寄って・・・・・・・・・

画像 062
ヤシャハゼ


画像 071
ヤノダテハゼ


画像 088
ヒレナガネジリンボウのペア


画像 098
オトメハゼ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://teamosabori.blog15.fc2.com/tb.php/67-057d62b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。